巨大ゴングの音で登場!『全能のムード』(ST-623)


幸せすぎる人、悲しすぎる人、ロマンチック過ぎる人、
プラトニック過ぎる人、刺激が強過ぎる人、
落ち着き過ぎる人、過度な人・・・など、
どんな気分の人にも応じられる全能な音楽
とのことで、レコードは1960年代に
アメリカで発売されました。

素晴らしいパーカッションに、
クリーミーなバイヴ、そして豊かなハープなど
をミックスし、独特なサウンド空間を造り上げています。

まずは、じっくりと、お聴きいただいて、
各楽器の細かな音色と絡み合うアレンジも、
合わせて味わっていただきたいアルバムです。
初期のステレオなので、多少、雑音も多めですけれど、
ユニークな点が魅力的なアルバムです。

出て来るのは1曲だけですが、
このアルバムのためだけに用意された
「超巨大ゴング」は目玉です!(笑)

『全能のムード』(ST-623)
  アーティスト非公開(製品には記載しています)

曲目:

キャラヴァン / スピーク・ロウ / 霧の日
サウス・ランパート・ストリート・パレード
魅惑のリズム / ニューヨークの秋
四月の思い出 / 楽しき家路
トルティーヤ / サファリ・エニワン?
フライ・ナウ、ペイ・レイター
ストレンジャー・イン・パラダイス

(曲間含む合計:33分50秒)

(再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます。音質は製品と同じではありません。)