年月に埋もれたヴィンテージ・フィルムを想像する『人生のサウンド・トラック(1)』(EH-611)

人生はよく「旅」に例えられます。
旅の出発が、この世に生まれ出たことに始まり、
いろんな経験や感動を積み、
最後はそれらの思いだけを持って霊界(家)へ帰る
という工程です。
ここに御紹介する作品は、1950年代から1960年代に
かけて、英国ムード・ミュージックの先駆者、
フィリップ・グリーンが8ミリフィルムに付ける音楽
として作曲(一部を除く)したものです。
録音も当時のものですが、演奏者は公表されておりません。
おそらく、スタジオ・ミュージシャンを
起用していると思われます。

当時の8ミリフィルムは、家族旅行などを
記録するためのホームビデオや、
自主制作映画などに使われていました。
しかし、画像だけで音声がないため、
映写する時に、その場面にあった音楽を流して
(レコードをかけて)楽しもうという目的で、
これらの音楽のレコードが作られた次第です。
現在から考えると、音声の無いフィルムを映写しながら、
わざわざ曲を選んでレコードをかけるなんて、
もの凄い手間のかかることですよね(笑)

ここでは、それら一般市販の音楽のレコードとは
違った作品を「当時のイギリスのムード」として、
お楽しみいただきたいと思いながら選曲いたしました。
ただし、誕生日、クリスマス、そして結婚に関する
楽曲はメロディーがありきたりなので除外しています。

各3つのスタイルのオープニング・ミュージックと
クロージング(エンディング)ミュージック、
13の本編の音楽に、2トラックのエフェクト(効果音)
にてストーリー構成しました。
そのまま、一通りお聴き頂くと、何か心の中から
わき上がって来るものがあると思います(笑)
まずは聴いていただきたい、珍しくて味のある逸品です!

『人生のサウンド・トラック(1)』(EH-611)
フィリップ・グリーン作曲(一部を除く)、演奏者不明

曲目:
ピアノ・プレリュード / 旅行と移動
太陽の休日 / スペインの休日(
ナイトクラブ / ポップ・シーケンス
センチメンタル・ムード / ホリデー・エンディング
ハイドラマとサスペンス、他 全21トラック
(曲間含む合計:26分47秒)


(再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます)
(音質は製品と同じではありません)