若い気分で楽しめるようにアレンジされた『リフレッシュ・エネルギー』(ST-607)

数多くのアルバムを発表しているアメリカの
大御所楽団リーダーが、
選曲の視点をちょっと変えて吹き込んだ1960年代の
アルバムです。
自身の子供や、近所の若者達から問われたのを
動機として選曲したそうで、彼にとっては、
変わり種という演奏ですけれども、
良いメロディーを活かし、大編成オーケストラの
魅惑的な演奏に仕上がっております。

企画通り、世代を超えて「若い気分で」楽しめる音楽に
してしまう所が、彼の魔法の演奏ともいえるでしょうか。
楽しくて、元気がもらえるような作品です。
この楽団リーダー作曲のオリジナルを1曲収録しています。

『リフレッシュ・エネルギー』(ST-607)
アーティスト非公開(製品には記載しています)

曲目:
あたしのロリポップ / ウォーク・オン・バイ
この世の果てに / 太陽は燃えている
アイ・ビリーヴ / 愛なき世界
愛のチャペル / テネシー・ワルツ
リメンバー・ミー / 何故だか言いたまえ
ア・ハード・デイズ・ナイト / 夏の日の恋
(曲間含む合計:30分39秒)


(再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます)
(音質は製品と同じではありません)