ノスタルジックなムードが広がる感じ・・・ハモンド・オルガンの演奏『夢をめぐらす夜』(ST-598)

ムード・ミュージックの演奏スタイルには、
特定の楽器をメインに演奏される、
いわゆるソロ・ムードというのがあります。
これは、ハモンド・オルガンをソロとして
演奏するスタイルで、そのハモンド・オルガンを
「ポピュラー音楽に初めて取り入れた演奏家」と
いわれている演奏家による1960年代のアルバムです。
ハモンド・オルガン以外にも、いくつかの楽器が
バックの演奏を飾っておりますが、
どの曲も素晴らしいアレンジにて表現され、
良い感じのムード・ミュージックに仕上がっています。
なんとなく、昭和のノスタルジックな音色にも感じ、
ミステリアスな印象もあるものの、
全体的にはロマンティックな演奏です。

『夢をめぐらす夜』(ST-598)
(アーティスト名は非公開ですが商品には記載しています)

曲目:
リラを夢みて / 木蔭の恋人たち
ムーン・リバー / マイ・ハッピネス
ファー・アウェイ・プレイセス / 第三の男
ユー・アー・マイ・サンシャイン
ブルー・スカート・ワルツ / ナウ・イズ・ジ・アワー
サン・アントニオ・ローズ / スイート・レイラニ
不実なあなた
(曲間含む合計:28分27秒)

(再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます。音質は製品と同じではありません。)