コーヒーとダンスと軽音楽『フランス・カフェの香り』(EH-374)1960年代以前のヴィンテージ録音

フランスで活躍していた
大御所3楽団による1950年代から60年代に
かけての(フランス製)ドーナツ盤を
コレクションしたものです。

当時アメリカからのヒット曲や、当時の最新だった
流行映画の主題曲などを含めました。

レコードをかけていた
フランスのカフェでは、当時こんな演奏が
流れていたのでしょうね。

個性的な3楽団の演奏で、
バラエティーなティータイムを
味わっていただけます(笑)
どなた様にも、お薦めのタイトルです。

 

タイトル:『フランス・カフェの香り』
品番:EH-374(モノラル、1950~60年代のフランス録音)
アーティスト(各4曲ずつ):
ボリス・サーベック楽団
ジャン・ミッシェル・デュファイエ・グランド・オーケストラ
アルフレッド・コレンゾのクラブ・タンゴ楽団






(再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます。音質は製品と同じではありません。)

曲目リスト(全12曲):

魅惑のワルツ / ローズ・モス
百万長者の道化師 / 嘆きのセレナード
ギター・タンゴ / スパニッシュ・ハーレム
情事のテ-マ / 恋の気分に
ジェラシー / 私のジゴロ
奥様お手をどうぞ / さらば友よ

(曲間含む合計:約33分40秒)