人間が過去に行った魂の記録『アカシック・レコード』(ST-397)

日本では昭和30年代、
アメリカでは1950年代に
テレビが家庭に普及して来ると、
画面から受け身で
映像が目に入って来るものですから、
「想像力が無くなって馬鹿になる」と
言われ始めた時代がありました。

それはイギリスでも同じことが言われ、
イギリスを代表する当楽団リーダーによる音楽と音声で、
想像力の楽しみを見直して欲しいと
企画されたアルバムです。

人間の過去からの出来事を国という大きな視点、
あるいは身近な視点から取り上げています。
イギリスでは古くから科学者たちによって、
心霊現象などの不思議な現象が調査されていました。
そして、それら霊的なことを勉強する
学校もあるほどにスピリチュアル文化も進んでいて、
ヒーラーを職業とする人達も多い国です。

人間の魂の考え方は、
もともと大きな一つの塊(かたまり)で、
そこから分離していったとされることから、
人の深い潜在意識の部分では、
全ての人がつながっていると考えられています。

宇宙の誕生から、
各個人が思い念じた事、発した言葉や、行いなど、
全てが事細かく記録され、共用されているものを
アカシック・レコードと言うそうです。
死後、これによって自らの悪行を
反省のために見せられるとも言いますが・・・?

人類全体、各個人の人生、
良い面も悪い面も記録されたイメージの世界を
自身の心と照らし合わせるように、
お楽しみいただけるアルバムです。
やや上級者向けの内容ですが、
面白く作られていると思います。
古くて新しい?スタイルかも知れません(笑)

 

タイトル:『アカシック・レコード』
品番:ST-397(ステレオ、1960年代のイギリス録音)
アーティスト名:非公開(製品には記載しています)






(再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます。音質は製品と同じではありません。)

 

曲目(全部で8つの記録とオープニング・テーマ):

大序曲 / 大西部はいかにして開拓されたか
大鯨との死闘 / 古代エジプトにまつわる或る伝説
セミ・ドキュメント「暗黒街の末路」
特に甘く悲しいシーンのお好きな方へ
映写機械の都合によりスクリーンに画の出ない漫画
宇宙へのあくなき挑戦 / 飛躍する二十世紀

(曲間含む合計:約42分43秒)