同じ曲でも変化して聴こえる音楽の魅力『水の怪異』(ST-538)

水は自由自在にスタイルを変えたり、
さまざまな色に変化したり、
固くなったり熱くなったりしますが、
音楽の力も同様に、色々に変化します。

例えばレス・バクスターの大ヒット曲「静かな部落」も、
まったく別のスタイルに変えてしまうような、
音楽の変化を意識した曲集です。
CDタイトルの『水の怪異』と、ジャケットの絵柄は、
最終曲の水の氾濫から来ているもので、
内容はホラーではありません(苦笑)

それに、ここに収録のいくつかには、
ビートルズその他、
多くのロックやポップス作品と激戦の上に、
それらを押しのけて、
ヒット・チャートに入っているほどの演奏があります。

インスト曲でチャートインしたのも、
楽団リーダー達に大変な人気があったからですが、
とにかく心が弾むような、
軽い気持ちにさせる
ひとときのムードをお楽しみになれます(笑)

タイトル:『水の怪異』
品番:ST-538(1960年代中頃 以前のアメリカ録音、ステレオ)

アーティスト名:非公開(2つの楽団による演奏をカップリングしています)






(再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます。音質は製品と同じではありません。)

曲目(全17曲):楽団その1(11曲)、楽団その2(6曲)

01:ナイト・テーマ
02:ドクター・キルデアのテーマ
03:甘く美しく
04:白い渚のブルース
05:スカーレット・オハラ
06:静かな部落
07:ウッドチョッパーズ・ボール
08:ブギー・ウギー
09:愛さずにはいられない
10:ストックホルム
11:小さな花
12:第三の男のテーマ
13:ポインシアナ
14:ガール・フロム・バルバドス
15:チャタヌギ・シュー・シャイン・ボーイ
16:ゼロ・ゼロ
17:ブレークウォーター

(曲間含む合計:35分49秒)