「リトル・ダーリン」のインストを味わう

モーリス・ウイリアムスという人が作詞作曲した「リトル・ダーリン」を
もし御存知の方は、それ相応の年代か、私のような
オールディーズ・ファンでしょうか?(笑)

あるいは、昭和56年の夏に
コダック社がイメージソングとして取り上げ、テレビ・コマーシャルに
使われた時に知った・・・ という方も
いらっしゃるかも知れませんね(笑)

この「リトル・ダーリン」という曲は、
黒人コーラス・グループの “グラジオラス” が最初に発表しています。
というのも、このグループのリード・シンガーが、
作者のモーリス・ウイリアムスだからです。

彼らのオリジナルは、ヒットする程までに行かなかったものの、
白人のコーラス・グループ “ザ・ダイアモンズ” によるカバーが、
世界中でヒットし、彼らの名前と共に、知られるようになりました。

その “ザ・ダイアモンズ” というコーラス・グループは、
カナダのオンタリオ州出身の白人男性4人組で、
1953年に結成されています。

1957年3月に全米中で大ヒットとなった
「リトル・ダーリン」ですが、これをまた違ったイメージで
演奏されるインストもまた楽しく、私にとっては発見がありました。

いままで発表させてもらった復刻CDには、
2つのタイトルに「リトル・ダーリン」を収録しています。
どちらもメキシコの楽団による演奏ですけれど、
名曲なので、少しですが試聴として御紹介いたします(笑)


『土曜日のティー・タイム』(EH-368) から、


(再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます。音質は製品と同じではありません。)


『ティータイムの楽しみ』(EH-469)から、


(再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます。音質は製品と同じではありません。)

以下、それぞれの復刻CD詳細を載せておきますので、
よかったら御覧下さい。

————————————————


『土曜日のティー・タイム』(EH-368)

ティー・タイムは、もともと「コミュニケーションの場」として
誕生しましたが、その背景の多くには“音楽”が伴います。
その昔、ダンスホールで生バンドの演奏とともに、
社交的な場を楽しんでいた上流階級の人達からはじまり、
ティー・タイムに音楽の流れるコミュニケーションは、
今も日本を含めた世界中で共通していることなのかも知れません。

南米はブラジルにて活躍していた楽団の1950年代の録音に、
しばしタイムスリップして、ブラジルの現地ティー・タイム・ムードを
お楽しみいただけます。
お国柄、サンバのリズムが4曲と一番多くありますが、
フォックス・トロットにボレロ、ルンバ、そしてマンボと、
バラエティーなリズムにより楽しくて、
ミステリアスなムードが広がります。

マニアックですが、個性的な貴重作品(録音)としておすすめです。
(演奏アーティスト名は製品に記載しております)






(再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます。音質は製品と同じではありません。)

曲目リスト
01:(あなたの目が輝くので)
02:オンリー・ユー
03:パリス、パリス
04:二人でお茶を
05:(外の雨)
06:(あなたが愛する人)
07:リトル・ダーリン
08:マンボ・ウィズ・ミー
09:(サンバの祭り)
10:(サンバの中のショパン)
11:マイアミ・ビーチ
12:スリー・ディー・マンボ
※カッコの題名は意訳です。

収録時間
(曲間含む合計:約34分43秒)


『ティータイムの楽しみ』(EH-469)

演奏楽団:
カルロス・カンポス楽団(2曲)
ラモン・マルケス楽団(6曲)
マリンバ・チアパス楽団(1曲)

メキシコのアーティストの組み合わせです。
欧米の楽団による演奏とは、
また全然違ったスタイルになってしまう面白さがあり、
馴染みのある曲も、すっかり変わった料理にされています。

明るいリズムがもたらされるティータイムのひとときを味わってみてください(笑)
おすすめです。





(再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます。音質は製品と同じではありません。)

曲目リスト
01:美しく青きドナウ
02:ラ・クンパルシータ
03:メロンの気持
04:百万長者
05:小さな花
06:煙が眼にしみる
07:クワイ河マーチ
08:リトル・ダーリン
09:イオ