キャピトル・タワーのレコーディング・スタジオ内で聴く「外からの声」

トイレで長居をしていると、コンコン!と叩かれ、
「まだぁ~」なんて扉の外から言われたことはあるでしょうか?(苦笑)

随分昔の駄洒落でありましたよね。
「おトイレ」が「音入れ(おといれ)」の
発音と同じなために
「音入れ」イコール「録音スタジオ」という意味から
トイレに行くことを「レコーディングに行ってきます」なんて言ってたり(笑)

でも、レコーディング・スタジオ(録音スタジオ)は、
防音で密閉されているので
中にいるアーティストや、演奏家に伝えるのは
外からマイクを使って流します。


(写真は、キャピトル・タワーの録音スタジオに通じるコントロール・ルームで新設時のもの。右側のガラスの向こう側がスタジオ内です。)

1950年代にアメリカのキャピトル・レコードから
発売されたLPレコード・アルバムの収録時、
その実際の風景を感じることの録音が、
一部ですけれど残されていました。

それは、レコード制作者側の「現場の声」の部分です。
現在のことは知りませんが、1950年代当時
キャピトル・レコードのレコーディング・スタジオにて
収録する時、作品名などではなくて、
1曲ごと固有に付けられたマスター・ナンバーを
使っていたようです。

つまり、スタジオ内のアーティストや演奏家達に対し、
プロデューサーがマイクで、次の収録曲の番号を
読み上げて指示していたということです。
「曲名」ではないんですね。

なんと、一部ですが、その部分を復刻CDにて
お聴かせしているんです。
普通のレコードでは絶対に入っていない、
当事者しか耳に出来ない録音なのです・・・・

本当に数秒間の出来事ですが、
既に60年ほど経っている
キャピトルのレコーディング・スタジオ内にての
ある日の貴重な音声です。

それは、貴重な録音満載の
『ラジオのムード』レコード漫談(VMDJ-6)
に入っております。

ちなみに、このCDの写真は、
キャピトル・レコードの調整室から、
レコーディング・スタジオにかけての風景です。
まだキャピトル・タワーが出来る前に
使われていた古いスタジオです。

マイクの前に立っているのは、
歌手のマーガレット・ホワイティングで、
試聴は、この写真の頃に吹き込まれたと
思われる彼女のSP盤からの伴奏部分です。
このCDに収録されております。




再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます。
音質は製品と同じではありません。

 

キャピトル・タワーのレコーディング・スタジオ内で聴く「外からの声」” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。